Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

乾燥肌の原因は「間違ったスキンケア」

 

約9割の女性が乾燥肌に悩んでいると言われております。

肌がカサカサして肌がつっぱったり、シミやシワができやすくなったり、毛穴が目立ったり、乾燥肌は多くの肌トラブルの原因になる可能性があります

女性の方にとってはもちろん、男性にも悩んでいる方が多いと思います。乾燥肌の原因を知って、乾燥肌の悩みを解決しましょう。

 

 

乾燥肌の原因

乾燥肌2

乾燥肌とは、その名の通り肌の水分が足りなくなって肌が乾燥してしまう状態のことです。

根本的な原因としては、肌の保湿能力が低下して水分調整ができなくなることにより乾燥肌になります。

実は、肌の保湿能力の低下は日々の生活習慣や行動が原因となっていることが多いのです。

 

乾燥肌の原因は保湿能力の低下

肌の保湿能力の低下は以下のような原因によるものです。

  • 間違ったスキンケア
  • 偏った食生活
  • 生活習慣

食生活や生活習慣は全てのトラブルの原因と言っていいほど悩みの原因となりますね。

間違ったスキンケアとはどういうものなのか詳しく見ていきましょう!

乾燥肌の原因は間違ったスキンケア

乾燥肌に悩んでいる多くの方が間違ったスキンケアが原因で乾燥肌になってしまっているそうです。

もともと肌の角質層には、皮脂膜、天然保湿因子、角質細胞間脂質(セラミド)の働きにより乾燥から肌を守る機能が備わっています。角質層が正常で、本来備わっている機能が正常に働くなら乾燥に悩むことはほぼありません

間違ったスキンケアを行うことで、角質層を壊してしまい本来備わっている肌を守る機能が正常に働かなくなることで、乾燥肌になってしまうのです。

間違ったスキンケアの例です

洗いすぎ

洗いすぎ洗顔料や石鹸を使うことで、肌の汚れや余分な皮脂だけではなく、肌を乾燥から守るために必要な物質まで洗い流してしまう可能性があります。必要以上に1日に何度も洗うことで肌を守る機能が低下して乾燥肌の原因となってしまう可能性があります。

洗いすぎはダメといっても、肌の汚れや皮脂を落とさずに放置しておけば別の肌トラブルの原因になります。

洗顔料や石鹸を使って洗うのは夜1日1回にして、朝は水やぬるま湯で軽く洗う程度で十分だそうです。

 

こすりすぎ

こすりすぎ力を入れてゴシゴシこすりすぎは一番の乾燥肌の原因です。

こすりすぎによる摩擦で角質層を傷つけてしまい保湿機能が正常に働かなくなり、乾燥肌の原因となります。

乾燥肌で痒かったり、ひたむきにスキンケアに励んでいると、ついつい力を入れてゴシゴシこすってしまいますよね。でもそれは逆効果なのです。

肌は摩擦に弱いです。力を入れずにやさしくやさしく洗いましょう。

 

強すぎる洗顔やクレンジング

クレンジング洗浄力の強い洗顔、スクラブ洗顔、洗浄力の強いオイルクレンジング、ワンステップの泡クレンジング、ふき取りクレンジング・・などは、角質層を傷つけて乾燥から肌を守るために必要なものまで洗い落としてしまう可能性が高いです。

洗顔はなるべくやさしいものを、クレンジングはクリームタイプかジェルタイプのやさしいものを選ぶようにしましょう。

 

 

まとめ

「1日に何度も洗わない」「肌に刺激を与えずにやさしく洗う」「強すぎる洗浄成分はNG」正しいスキンケアをすることで乾燥肌の悩みを解決できるかもしれませんね♪

実は、管理人は乾燥肌で全身を力いっぱいゴシゴシ洗い、強力な洗顔料を使用していました・・・調べていて自分自身とてもいい勉強になりました(笑)これからは正しいスキンケアに励みます。

乾燥肌を改善したい方はこちらもご覧ください

 

ページトップへ戻る