Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

口臭対策|口臭の原因と対策を徹底調査

あなたは自分の口が臭いと感じたことはありますか?少しは感じた事ある方がいると思いますが、それほど気になっていない方が多いのではないかと思います。

ですが、他人の口臭が気になったことは結構あるのではないでしょうか?自分の口の臭いは自分では感じにくいものなのです。

  • 人と話しをすると相手に嫌な顔をされる。
  • 口臭が気になり面と向かって人と話すのを躊躇ってしまう。
  • 口臭が気になり異性との会話が上手くできない。

などの口臭に関する悩みを解決するために、口臭の原因を理解して、正しい口臭の改善策や対策を身に付けましょう!

口臭対策と口臭の原因

 

口臭の原因

口臭の80%以上が口の中の気体が原因と言われています。

一般的な口臭の原因としては、口の中に住んでいる細菌が唾液や血液、古くなった細胞、食べカスなどを分解することにより臭いの元である物質が発生することにより口臭の原因となります。こちらの記事でも口臭の原因について書いています→体臭の原因とメカニズム

具体的な口臭の発生原因は以下の通りです。


●【口の中の乾燥(ドライマウス)による口臭】の原因

口の中の乾燥(ドライマウス)の原因は唾液の分泌量が減少することです。

唾液には、洗浄作用、殺菌作用、抗菌作用などがあり口臭を抑えて口の中を清潔に保ってくれる働きがあります。そのため唾液不足により口の中が乾燥すると口臭が発生してしまいます。

実は誰もが、もともと口の中に少なからず臭いがあります。普段は唾液の抗菌作用によって抑えられていますが、寝ている間やストレスを感じると、唾液の分泌が減ってしまい細菌が繁殖して口臭となります。

口臭の原因となる唾液分泌量減少の原因を細かく見てみましょう。


ストレス

緊張して喉が乾いたり口の中が乾燥した経験はありませんか?

緊張時などのストレスにより自律神経が乱されると唾液の分泌量が減ってしまいます。唾液の分泌量減少の一番の原因はストレスと言われています。


空腹時

空腹時は唾液の分泌が少なくなります。本来、唾液は物を食べる時(口の中に食べ物を入れた時や口を動かしている時)に多く分泌されます。何も食べていなければ口を動かすこともないので唾液の分泌量は減ります。

「何も食べていないのに口が臭いのは何故?」と思ったことはありませんか?それは何も食べていないから臭いのです。


アルコール・カフェイン・ニコチン

アルコールやカフェイン、ニコチンには高い利尿作用があり一時的に脱水症状を起こしてしまう可能性があります。そのため唾液分泌量が減りドライマウスとなってしまいます。

コーヒーやタバコは、それ自体に強い臭いがあるため、更なる口臭の悪化を引き起こす可能性もあります。


その他の唾液が減る原因

○睡眠時・・睡眠時は唾液の分泌が抑えられるため、寝ている間に口の中で細菌が繁殖しやすくなります。朝起きたら口が臭いのはこのためです。

○水分不足・・身体の中の水分が不足すると、唾液分泌を抑制してしまいドライマウスとなってしまう可能性があります。

○口呼吸・・特に口呼吸が習慣になっている人は口の中が乾燥しやすいです。

身近にある唾液が減る原因を書きましたが、その他にも唾液が減る原因は様々だと言われています。

 


●【口の中の汚れによる口臭】の原因

舌苔(舌の上に付着した白い汚れのようなもの)や、口の中に残った食べかすを細菌が分解することにより、口臭の原因となる物質(VSC)を作り出してしまいます。(舌苔とは舌の表面に古くなった細胞や食べかすなどが付着したものです)

口臭の原因となる物質(VSC)は特に舌の上で作られることが多く、舌苔は口臭の元とも言えます。


●【病気による口臭】の原因

○歯周病・・歯周病の病原菌が口臭の原因となる物質を作り出してしまいます。歯周病は痛みもなく無自覚に進行していきますので、急に口臭が気になりだした方は歯周病の可能性があるかもしれません。

○虫歯・・虫歯が進行して、歯に穴が開いてしまうと食べかすなどが詰まりやすくなります。更には歯磨きでも落としにくいために、食べかすなどが残りやすく細菌が繁殖して口臭の原因となってしまいます。

○親知らず・・病気とは少し違うかも知れませんが、親知らずが口臭の原因となる場合があります。親知らずの周りはとても食べかすが詰まりやすく、ブラッシングしにくく食べかすが詰まりやすいです。そのため細菌が繁殖して口臭の原因となる可能性があります。また、親知らずは虫歯や歯周病、その他のトラブルにもなりやすいために注意が必要です。

○副鼻腔炎(蓄膿症)・・副鼻腔炎(蓄膿症)による鼻づまりにより、口呼吸がメインとなって口の中が乾燥してしまい口臭の原因となります。また、蓄膿症は鼻の奥に膿が溜まるために、その膿からも臭いが発生する可能性があります。

○腎臓病・・腎臓病などにより腎機能が低下すると、血中の尿素の量が増加して口腔内に分泌されてしまい、細菌の作用によりアンモニアが生成されてしまいます。そのためアンモニア臭がする口臭が発生してしまいます。

○肝臓病・・肝臓には様々な機能があり、その内の一つに解毒があります。肝臓の機能が低下すると解毒作用が上手く機能せずアンモニアを処理しきれずに、肺などに臭いが運ばれ口臭となってしまいます。肝臓が原因の口臭は「カビの臭い、排水溝の臭い、雑巾の臭い」などに例えられるほどとても強烈な臭いです。また、重度の肝臓疾患や末期の肝臓癌になると強烈なアンモニア臭が発生するそうです。

 

口臭の対策

歯科医

口臭の対策は口臭の原因によって方法が異なります。

自分の口臭の原因を知って、それに合わせた対策をするのがベストでしょう。


◎【口の中の乾燥(ドライマウス)による口臭】対策

口の中の乾燥には唾液を出すのが一番重要です。唾液の分泌を促す方法をまとめました。

  • 肩の力を抜き、深呼吸などをしてリラックスする
  • 適度な水分補給(水がベスト!糖分の入った飲み物や、カフェインが入った飲み物は避ける)
  • タバコとカフェインは控える
  • 食事の際は良く噛んで食べることを心掛ける
  • ガムを噛む、歯磨きやうがい、などで口の中に刺激を与える
  • ※唾液腺マッサージをする

※唾液腺マッサージとは、唾液腺と呼ばれる唾液の出やすいポイントを刺激して唾液の分泌を促す方法です。こちらのサイトでは唾液酸マッサージを分かりやすく説明しています→口腔ケア


◎【口の中の汚れによる口臭】対策

口の中の汚れを取り除くことで改善できるでしょう。特に、舌の上の汚れは口臭の原因となる場合が多いのでしっかり舌の汚れも取り除くことが大事です。

  • 舌磨きで舌の上の汚れ(舌苔)を落とす。舌磨きの際には、舌磨き専用の舌ブラシ(舌クリーナー)を使用しましょう。歯ブラシ使って舌磨きをすると舌の表面を傷つけて出血してしまう恐れがあり、出血した血液が口臭の原因となってしまう可能性があります。
  • 食べたら歯磨きをして細菌や歯垢を取り除き、食べかすが残らないようにする。
  • マウスウォッシュやデンタルフロスでブラッシングでは落としきれなかった汚れを落とす。

◎【病気による口臭】対策

病気による口臭は自分で対処することが難しいので、医師に相談するのが一番の解決方法です。

  • 虫歯や歯周病の疑いがある場合は速やかに歯医者さんに受診しましょう。
  • 副鼻腔炎や腎臓病、肝臓病などの病気の場合は、口臭以外にも症状が現れていることがほとんどなので、身体の以上を感じた場合や健康診断などで病気が見つかった場合はまずそちらの病気の治療を優先しましょう。
 

 

口臭対策アイテム

口臭対策専門店【アルファネット】

中でも歯科医も推奨する商品ProFresh(プロフレッシュ)は、朝晩2回の簡単ケアですぐに効果が実感できる優れもので、リピーターが続出しています。

その他にも、世界113カ国で愛用されている本格派口臭予防のトータルケアシステムTheraBreath(セラブレス)は、アルコールフリーで強い刺激が苦手な方、女性にも大人気の口臭ケア商品。 低刺激で使いやすく長時間口臭を予防する『セラブレスオーラルリンス』、 歯磨き+舌磨きもできる歯磨き粉『セラブレストゥースジェル』、や、携帯用のミニシリーズなどもあります。

舌苔除去に役立つ「舌専用」のブラシとジェルTUNG(タング)口臭の原因になる舌の汚れを、舌専用のジェルと、人間工学に基づいたデザインのブラシで効果的に落とせます。

などの口臭対策アイテムが数多く取り揃えられています。今すぐにでも口臭を消し去りたい方ドラッグストアなどで購入できる市販の口臭予防グッズで満足のいく効果が得られなかった方は、アルファネットの本格口臭対策アイテムを試してみてはいかがでしょうか?お値段も2000円前後から始められる嬉しいお手頃価格です。

公式サイトはこちら→【口臭予防専門 アルファネット】

【なたまめ歯みがき】

口臭対策といえば「なたまめ」というのは、聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?【なたまめ歯みがき】という商品は数多くあります。その中で比較したところ、こちらの『薩摩刀豆なたまめ歯みがき』が合成界面活性剤不使用でお口に優しく、初回限定で+1本付きと一番お得に購入できます。日々の歯磨きから口臭改善に取り組みたい方にはおすすめの商品です。

公式サイトはこちら→純国産原料で安心!お口のなかをキレイに!『なたまめ歯みがき』

 
ページトップへ戻る