Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「育毛剤」と「発毛剤」の違いとは?

「育毛剤」と「発毛剤」どちらもよく耳にする単語ですよね。二つとも同じ意味だと思ってしまいがちですが、実はそれぞれに異なった意味があることはご存知でしたか?

今回は、よく混同されやすい「育毛剤発毛剤・養毛剤」の違いについてです。

「育毛剤・発毛剤・養毛剤」の違い

インターネット上では、育毛剤と発毛剤が同じ扱いになっていることも度々ありますが、それは間違いです。育毛剤と発毛剤には明確な違いがあるのです。

育毛剤とは

育毛剤とは、字の通り髪を育てる成分がメインのものです。頭皮の環境を整えたり髪に栄養を与えることで、今ある髪の毛の成長を促し、髪の毛を太くして量を増やし抜け毛を予防する効果が期待できるものです。細い毛が太くなることで髪の毛が増え髪にボリュームが出ますが、新たな髪の毛が生えてくる効果はあまり期待できません。

薬事法では「医薬部外品」に分類され、副作用が出る可能性は少ない。

育毛剤とは今ある髪の毛を健康に保ち、頭皮の環境を整えることで髪の毛の成長を促すもの。

 

発毛剤とは

発毛剤とは、髪が抜け落ちてしまった後に新しく髪の毛を発毛させることを目的としたものです。育毛剤は髪の毛の健康を保つことを目的としているのに対して、発毛剤は新たな髪の毛を発毛させることを目的としています。つまり、AGAなどの薄毛対策には育毛剤より発毛剤が効果的ということです。

薬事法では「医薬品」や「第一類医薬品」などに分類され、副作用が出る危険性もある。

毛母細胞に働きかけ、新しい髪の毛の“発毛”を促すもの。

 

養毛剤とは

育毛剤と発毛剤の他にも、養毛剤というものも存在します。養毛剤とは頭皮や髪の毛を保護することを目的とした、頭髪頭皮ケア商品です。フケや抜け毛を抑えて、頭皮に栄養を与えることにより頭皮環境を改善することを目的としたものです。薄毛対策としての効果はあまり期待できませんが、頭皮環境が改善されて髪が生えてくることもあります。薄毛対策というよりは、日々の頭髪頭皮ケアに使う商品です。

薬事法では「化粧品」に分類され、副作用の心配は殆どありません。

髪の毛と頭皮を健康に保つケアアイテム

 

育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いについて

育毛剤・発毛剤・養毛剤の一番の大きな違いは、「医薬品」なのか「医薬部外品」なのか「化粧品」なのか、ということです。それぞれの違いについては下記をご覧ください。

一般的なスキンケア用品は「薬事法」により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。

「医薬品」とは、病気の「治療」を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものです。 医師が処方するものもあれば、ドラックストアなどで購入することもできる大衆薬(OTC)もあります。ワセリンや保湿外用剤などがスキンケアに用いられる医薬品です。

「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。[治療]というよりは[防止・衛生]を目的に作られています。

「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌」など、効果のある有効成分が配合されているのでその効果を訴求できます。また「薬用」とは「医薬部外品」で認められている表示ですので「薬用=医薬部外品」となります。

「化粧品」とは、医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。 医薬部外品に認められている「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果は認可されていないので、パッケージなどで表現することはできません。

「医薬品」「医薬部外品」はこれらの表示が必ずあるはずです。購入の際、表示を参考に目的にあったものを選んでください。

引用元:花王

医薬品は「治療」を目的としたもので、医薬部外品は「防止・衛生」、化粧品は「美化・清潔など」を目的としたものということですね。

「医薬品」>「医薬部外品」>「化粧品」の順に効果が現れるということです。

育毛剤についての説明を見ると、育毛剤では薄毛の進行対策にはなるが発毛効果がほとんど期待できないと思われるかもしれません。ですが、育毛剤の成分により頭皮環境が改善されて髪が生えてくる可能性は十分にあります。いきなりリスクの高い発毛剤を使用するよりは、まず育毛剤で育毛に取り組み効果が現れるか様子を見ましょう。もし全く何の効果も実感できなければ、発毛剤による治療に取り組むといいでしょう。

ページトップへ戻る