Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【効果抜群】足の臭い対策方法!誰にでも簡単にできるおすすめ足臭対策方法

あなたは人前でも平気で靴を脱げますか?

足の臭いが気になって、人前で靴を脱ぐことが嫌な方も少なくないはずです。

今回は、誰にでもできて効果抜群の足の臭い対策方法をご紹介します。

足の臭い対策方法をご紹介

まず、一番の足の臭い対策方法としては、足を清潔に保つことです。

毎日しっかりとお風呂で汚れを落とし、臭いの原因となる垢や汚れが残らないようにしましょう。

ですが、いくら足を清潔に保っていても足の皮膚にもともと住んでいる雑菌(皮膚常在菌)までは洗い落とすことはできません。

皮膚常在菌とは、皮膚の表面を酸性に保ち悪性の細菌などから皮膚を守ってくれる大切なものです。ですが、汗で足が蒸れて高温多湿の環境になってしまうと、皮膚常在菌が増えすぎてしまい足の臭いの原因物質を作り出してしまいます。

足を清潔に保っていても、靴の中で足が蒸れてしまっては雑菌(皮膚常在菌)が繁殖して、足の臭いが発生してしまいます。つまり、現実的には足を蒸れさせないようにする対策方法がより効果的なのです。

おすすめ足の臭い対策方法

166779管理人が厳選した“本当に効果のある”おすすめの足の臭い対策方法を三つに分けて紹介いたします。

①足の蒸れを少なくする靴下を選ぶ

靴下は吸湿性と発散性の高い素材でできたものを選びましょう。吸湿性と発散性が優れている素材は以下の通りです。

  • シルク(絹)
  • コットン(綿)
  • リネン(亜麻)

中でもシルクは吸湿性と発散性に優れており、天然の抗菌効果などもありおすすめです。綿とシルクの混紡製品などもおすすめです。

五本指ソックスも効果的!

五本指ソックスは、通常の靴下では吸収されにくい足の指の間の汗を吸収してくれるので、足の指の間の雑菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。それにより、足の臭いを抑えることができます。

足臭対策用の消臭靴下を使う

>>足臭対策用の【消臭靴下】詳細はこちら<<

 

②靴を清潔に保ち湿気を取る

436472靴下選びの次に大事なことは、靴を清潔に保ち湿気を取ることです。

靴下が改善されても靴が蒸れたままだと、雑菌が繁殖して臭いが発生してしまいます。靴を清潔に保つための簡単な靴のお手入れ方法や、靴の臭い対策方法をご紹介します。

靴のお手入れと消臭

靴を履いていない時は、風通しの良い場所で日陰干しをして靴を乾かしましょう。脱臭剤や重曹などを使って靴の消臭をするのも効果的です。

靴の臭いが気になる方は、一ヶ月に一度、最低でもワンシーズンに一度程度は靴を洗いましょう。

毎日同じ靴を履き続けない

蒸れた靴を毎日履き続けないように、普段履き用の靴を二つ以上用意して毎日ローテーションで履き替えるようにします。履いていない時は風通しの良い場所で干して靴を乾かしましょう。

インソール(中敷き)を使用する

インソールは汗を吸収して足の蒸れを防いでくれるので、足の臭い対策にとても効果的です。インソールの中でも特に、足臭対策用の抗菌防臭仕様のものがおすすめです。

>>足臭対策のインソール詳細はこちら<<

 

③足を洗っても足の臭いが落ちない方には重曹足湯

足を洗っても足の臭いが落ちない方には、ネットで話題の重曹足湯がおすすめです。

方法はとても簡単で、お湯を張った洗面器に小さじ一杯程度の重曹を入れて混ぜるだけです。15分程度(それ以上でも良い)足湯をすることで足の臭いが消えるそうです。

※お酢を小さじ一杯程度加えるとさらに効果的との情報も

ネット上ではその効果が凄いと話題になっているので、足の臭いが気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

以上、足の臭い対策方法の紹介でした。

常日頃から、足が蒸れないように意識して、屋内などでは靴を履かずにサンダルにしたり、できるだけ靴を脱いだ状態でいることを心がけましょう。

また、デオドラントクリームを使用するのも効果的です。

ページトップへ戻る