Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

加齢臭対策|ノネナールの発生を減らすための生活習慣と食事

加齢臭とは、50歳前後以上の男女に見られる体臭の一つです。

一般的に加齢臭の臭いとは、「古い油の臭い」「チーズの臭い」「古本の臭い」「ろうそくの臭い」と例えられています。少しわかりにくいかもしれませんが、とても嫌な臭いということが想像できるかと思います。

加齢臭の原因についてはこちら→体臭の原因とメカニズム

 

加齢臭の原因はノネナールの臭い

af7f4ca643311efb03065dbbc4dc7ef9_s加齢臭の臭いの原因は科学的に解明されています。

体臭の原因とメカニズムでも説明していますが、パルミトオレイン酸と過酸化脂質が結合して作られるノネナールという物質が加齢臭独特の嫌な臭いを発しているのです。

つまりノネナールを生成する物質である、パルミトオレイン酸と過酸化脂質を減らすことで加齢臭を抑えることができます。

パルミトオレイン酸と過酸化脂質が増加する原因は、主に食生活とストレスや喫煙などの生活習慣にあります。

パルミトオレイン酸

実は「過剰摂取さえしなければ」パルミトオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らして、血液の流れをよくして新陳代謝を高めたり、お肌の調子を整えたりしてくれるとても良質な脂肪酸なのです。

ですので、パルミトオレイン酸は過剰摂取に気を付ける程度の対策にして、過酸化脂質を減らす対策に重点を置くべきだと思います。

パルミトオレイン酸が増える食事

6394200c0af3f7832797766f4fe25f69_sパルミトオレイン酸は脂質を多く含む食品を多く食べることで増加します。パルミトオレイン酸を多く含む食品は以下の通りです。

パルミトオレイン酸を特に多く含む食品は

  • マカダミアナッツ
  • くじら
  • 牛肉

その他にも、

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • あんこう肝
  • あゆ

などが挙げられます。特に肉類に多く含まれているようですね。

 

これらの食品の過剰摂取に気を付けて、パルミトオレイン酸が増えすぎるのを予防しましょう。

 

過酸化脂質

過酸化脂質とは、その名の通りコレステロールや中性脂肪などの脂質が、活性酸素により酸化したものです。

過酸化脂質は加齢臭の臭いの元であるノネナールを生成するだけではなく、癌や動脈硬化、老化などの原因になる可能性もある、人体にとってとても有毒な物質なのです。

 

過酸化脂質を減らすには

過酸化脂質を減らすためには、過酸化脂質が作られる原因である活性酸素を抑えることが一番の対策です。

 

加齢臭(ノネナール)の原因は活性酸素

加齢臭の原因であるノネナールが増加する原因はいくつかありますが、活性酸素の増加が根本的な原因となっている場合が多いと思います。

活性酸素は加齢臭(ノネナール)の原因となるだけではなく、様々な病気の原因、体の悩みの原因、白髪や薄毛の原因ともなる可能性があるとても厄介な物質です。

つまり、活性酸素を減らすことでノネナール対策になるだけではなく、病気や悩みの改善に繋がる可能性もあります。

 

活性酸素が増える原因

活性酸素が増える原因は様々ですが、

  • ストレス
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 偏った食生活
  • お酒の飲みすぎ

などが主な原因です。

改めて見直してみると、常日頃から身体に良くないと言われ続けていることばかりですね。日々の食事や生活習慣が、いかに大事なことなのかわかりますね!

「バランスの取れた食事」「規則正しい生活」この二つを心掛けることで、多くの体の悩みを改善することができると言われています。

活性酸素を減らすには

  • ストレスを溜めない。
  • 紫外線の浴びすぎないように気を付ける。
  • タバコを吸わない。
  • バランスの良い食事を心掛ける。
  • お酒の飲みすぎには注意する。

345048

その他にも活性酸素を減らす抗酸化作用を持つ食品を摂取することが効果的です。

 
 
活性酸素を減らす食べ物

活性酸素を減らす抗酸化作用の高い栄養素は、カロテノイド、抗酸化ビタミン、ポリフェノール、ミネラル類などです。

カロテノイドを多く含む食品

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s

βカロテン、リコピン、アスタキサンチン、ゼアキサンチンなどが高い抗酸化作用があると言われています。

  • カボチャ
  • ニンジン
  • トマト
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • パプリカ
  • とうもろこし
  • エビ
  • 鮭・イクラ
  • レバー・卵黄

緑黄色野菜全般、エビや鮭などの赤色の魚介類、その他にもレバーや卵黄などにカロテノイドが多く含まれています。

 

抗酸化ビタミンを多く含む食品

fd401334

主にビタミンC、ビタミンEが高い抗酸化作用を持っています。

  • グレープフルーツ
  • イチゴ
  • オレンジ
  • キウイ
  • アセロラ
  • ピーマン
  • キャベツ
  • 油脂類
  • アーモンドなどのナッツ類
  • あんこうきも
  • たらこ、キャビアなどの魚卵

ビタミンCは果実類やピーマン、キャベツなどに多く含まれています。

ビタミンEは油やナッツ類、魚類の肝や卵に多く含まれています。

 

ポリフェノールを多く含む食品

b04b7f544821d0096441266cc3c0b9d7_sフラボノイド、カテキン、アントシアニン、タンニン、イソフラボンなどが有名ですね。

  • バナナ
  • ブルーベリー
  • ぶどう
  • 緑茶
  • コーヒー
  • ワイン
  • 大豆
  • チョコレート

中でもバナナ、緑茶は高い抗酸化力を持っています。

ミネラル

4bb0f519feb03022606259dd1de1dc6a_s

ミネラルの中でも、亜鉛、鉄、銅、セレン(セレニウム)、マンガンには抗酸化作用があります。

それらを多く含む食品は以下です。

  • 牡蠣
  • ビーフジャーキー
  • 豚レバー
  • 牛レバー・鶏レバー
  • ゴマ
  • カシューナッツ
  • チーズ
  • 煮干し
  • 大豆
  • かつお節
  • 卵黄
  • あんこうきも
  • 生姜
  • しそ
  • 干しえび

牡蠣などの魚介類や、豚レバーなどにも多くのミネラルが含まれています。

 

 

まとめ

緑黄色野菜、バナナやグレープフルーツなどの果物、緑茶やワインといった飲料、その他にもタマネギやニンニク、リンゴにも高い抗酸化作用があります。そのどれもが、私たちの暮らしに馴染み深い食品ばかりですね。

 

日々の生活習慣に気を配り、抗酸化力の強い栄養素を摂取することが加齢臭対策になります。特別なことをしなくても、少し普段の生活に気を使うことで実現可能なことばかりです。

日々の生活習慣を見直して加齢臭を撃退しましょう!!

ページトップへ戻る