Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

自律神経とは?交感神経と副交感神経の役割

自律神経や交感神経、副交感神経という言葉をよく耳にしますが、あなたはその役割や重要性を知っていますか?

自律神経や交感神経、副交感神経とはいったい何のことなのか?私たちにとってどんな役割があるのか?

今回は自律神経と自律神経失調症について詳しくまとめました。

自律神経について

自律神経とは
消化器・循環器・呼吸器・生殖器などの働きを調節する、自分の意志とは無関係に24時間働き続けている神経です。

 

私たちは普段から、心臓を動かしたり汗をかいたり食べ物を消化したり・・これらのことを無意識の内にしていますよね?これが自律神経の働きで、自分の意識ではできないことを無意識に調節してくれている、私達が生きていく上でとっても大事な神経なのです。


自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の二つの神経系から成っています。交感神経と副交感神経は、それぞれ全く正反対の働きをして私たちの身体をサポートしてくれています。

交感神経と副交感神経はシーソーのような関係にあるとよく言われています。これは、どちらか片方が働いている時には、もう片方はお休みしているということです。例えば、交感神経が働いている時は副交感神経はお休み、副交感神経が働いている時は交感神経がお休みしているということですね。どちらも働いているということはなく、必ず交感神経か副交感神経のどちらか一つだけが働いているということです。

交感神経と副交感神経がどのような時に働いて、どのような役割があるのか見てみましょう。

 

 

交感神経

 

交感神経は、主に昼間の活動が活発な状態の時に優位に働きます。

  • 緊張している時
  • ストレスを感じた時
  • 興奮状態
  • 恐怖を感じた時
  • 激しい運動時

101929

このようなストレス状態などの時に交感神経が優位に働きます。交感神経は、アクティブな行動をサポートして身体を戦闘状態にする神経系と言えるでしょう。

副交感神経

一方、副交感神経は夜眠っている時やリラックスしている時に優位に働きます。

  • 睡眠時
  • リラックスしている時
  • 休息時
  • 食事中

083755

などの、リラックス時や休息時などに副交感神経は働きます。副交感神経は、心身を休めて脳と身体をメンテナンスする役割を持っています。

 

 

自律神経のバランス

交感神経と副交感神経が状況に応じて切り替わり、戦闘状態と休息状態をバランスよく保つことで私たちは健康な生活を送ることが出来ています。

ですが、ストレスの多い現代社会では交感神経が優位に働きがちで、自律神経のバランスが崩れている方が多いのが事実です。

前述したように、ストレスを感じた時には自律神経が優位に働きます。自律神経が優位に働くということは、脳と身体が興奮状態や戦闘状態ということですよね。つまり、ストレスの多い現代人は交感神経が優位になりがちで、副交感神経による脳と身体のメンテナンス(休息)ができていない方が多いということが考えられます。

自律神経失調症

交感神経の働き過ぎにより、脳と身体を十分に休めることができないと様々な疾患や症状が生じてしまいます。例えば、

  • 慢性的な疲労
  • 不眠症
  • 偏頭痛
  • だるさ
  • めまい
  • 動悸
  • ほてり
  • 便秘・下痢
  • 手足のしびれ
  • 常にイライラ
  • 不安感
  • やる気が出ない
  • 感情の起伏が激しい

このような症状などが挙げられます。

お察しの通り、これが自律神経失調症という病気なのです。


自律神経失調症の患者数は、潜在的な患者も含めると日本では約600万人以上にも及ぶと言われております。これは日本人の20人に1人(5%)にも及び、決して他人事では無い病気ですよね。

自律神経失調症とうつ病はどう違うの?

098249

よく似た病気に「うつ病」というものがありますよね。

自律神経失調症と症状などは近いものがあるかもしれませんが、実は自律神経失調症とうつ病は全く違う病気です。全く違う病気ということは、治療法も異なるので混同しないように注意が必要です。

  • 自律神経失調症は精神的症状が少なく、慢性的な疲労やだるさ、偏頭痛など、主に身体の症状が表れます。
  • 対して、うつ病は心の病気です。気分が落ち込んだり、憂うつになったりと 主に精神的症状が表れます。

迷ったら自分で判断せずに病院に相談しましょう!

自律神経失調症とうつ病が併発する場合も

自律神経失調症とうつ病は違う病気ですが、自律神経失調症によるストレスによりうつ病が発症してしまうこともあるようです。その逆もまた然りで、うつ病によるストレスが自律神経失調症を招いてしまう可能性もあるのです。

 

 

自律神経のバランスを保つには

ストレス社会の影響で交感神経が働き過ぎている方が多いのが現状です。慢性的な疲労や不眠症、ホルモンバランスの乱れなどはストレスが原因で交感神経が活発化され、その結果自律神経失調症となっている場合が多いと思います。

自律神経のバランスを保つには、ストレスを溜めずに副交感神経を活発化させる方法が望ましいでしょう。

ストレスを溜めない
ストレスの多い現代社会でストレスを全く溜めないのは不可能でしょう。少し気持ちに余裕を持ってできるだけストレスを軽減して、しっかりとストレスを発散することが重要です。おすすめのストレス解消法5選!
副交感神経を活発化させる
副交感神経は心身のメンテナンスや休息の役割を担っています。副交感神経を活発化させるには、落ち着いた音楽やアロマテラピーなどでリラックスしたり、質の良い睡眠を取ることがいいでしょう。質の良い睡眠に関しての記事はこちら
サプリメント
仕事や育児などで忙しく休息の時間が取れない方や、不眠症でお悩みの方には、メンタルサプリメント がおすすめです。メラトニンやセロトニンは自律神経失調症や不眠症の改善に効果があると言われています。
≫メラトニンサプリの詳細はこちら≪

 

 

ページトップへ戻る