Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【ミノキシジルとは】ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の発毛効果について

育毛に関心のある方ならば、一度は「ミノキシジル」や「ミノタブ」という単語を目にしたことがあるのではないでしょうか。今回は「ミノキシジルとは何なのか?」「ミノキシジルにはどんな効果があるのか」をテーマにした記事となります。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、もともとは血圧を下げる薬として開発され、高血圧の人が服用する飲み薬でした。しかし、その飲み薬の副作用として全身の多毛症や発毛効果があったため研究が進められ、脱毛症などの薄毛に有効だと認められました。今では、世界的に認められた発毛剤として知れ渡っており、日本でもミノキシジルを配合した発毛剤として「リアップ」が有名です。

また、ミノキシジルは育毛剤ではなく発毛剤です。育毛剤と発毛剤を混同されている方が多いと思いますので簡単に説明します。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤とは

育毛剤は髪の毛の成長を促し脱毛を予防することを主な目的としたもので、頭皮の環境を整えて髪の毛が生える手助けをしてくれるものです。薬事法では「医薬部外品」に分類されています。

発毛剤とは

発毛剤は毛母細胞に働きかけ、新しく髪の毛を生やす“発毛”を主な目的としたものです。髪の毛を育てる育毛剤とは違い、発毛剤は新しい髪を生やすための発毛を目的としたものなので、育毛剤より髪を生やす効果が高いです。薬事法では「医薬品」に分類されています。

ミノキシジルは付けるタイプと飲むタイプがある

ミノキシジルには、リアップなど頭皮に直接付けるローションタイプのものと、飲むタイプの『ミノキシジルタブレット(MinoxidilTablets)』があり、頭皮につけるタイプよりも飲むタイプの方が発毛効果が高いと言われています。ですが、頭皮に付けるタイプのミノキシジルは認可されていますが、飲むタイプ(内服薬)のミノキシジルは日本はおろかアメリカでも認可されていません。何故、飲むタイプのミノキシジルが認可されていないのでしょうか?

ミノキシジルには副作用がある

日本でミノキシジルタブレット(ミノタブ)が認可されていない理由・・それは、ミノキシジルには非常に強い副作用があるからです。もともとミノキシジルは高血圧の薬として利用されていたので、人によってはミノキシジルを使用することにより、低血圧などの血流に関する副作用が出る可能性があるのです。ミノキシジルの副作用例を以下にまとめました。

  • 頭皮の痒み
  • 多毛症
  • 重度の低血圧症
  • 動悸
  • 不整脈
  • 手足のしびれ
  • むくみ
  • 性欲減退

ミノキシジルの副作用の中で、最も一般的なものとしては頭皮の痒みがあります。その他にも、髪の毛だけではなく全身の毛が多くなってしまう多毛症や、低血圧症の症状である動悸やめまいなどの副作用があります。

 

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の発毛効果

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)には、かなり高い発毛効果があります。おそらくドラッグストアなどで販売されている育毛剤や育毛サプリメントなどとは比べ物にならない程の発毛効果です。薄毛で悩んでいる方にとってはミノキシジルは最高の発毛剤でですが、もし使用するならば副作用の危険性を十分に理解してから使用するようにして下さい

ミノキシジルタブレットはどこで購入できるのか?

日本やアメリカなど多くの国で認可されていないミノキシジルタブレットですが、実は個人輸入代行店で普通に通販で買い物をするように簡単に購入することができます

認可が下りていないのに何故そんなに簡単に手に入るのか?それは、海外では『高血圧の薬』として普通に販売されているからです。そのため、ミノタブの取説には発毛に関することが一切表記されていないそうです。

>>ミノキシジルタブレットの購入はこちらから<<

 

ミノキシジルタブレットを使う際の注意点

薄毛の悩みが酷く、他の育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントなどでは満足のいく効果が得られなかった方は、最終的にミノタブに辿り着くことになると思います。ミノタブは副作用が強烈なため余りオススメしたくありませんが、どうしてもミノタブを使用したい方は必ず下記の注意点をしっかりと確認してから使用するようにして下さい。そして、あくまでも自己責任ということを忘れないで下さいね。

ミノキシジルタブレットの注意点

①高血圧症や低血圧症の方は使用しない

本来ミノキシジルは血圧を下げるための薬です。高血圧症の方は普段から血圧を下げるための薬を服用されているはずなので、ミノキシジルタブレットを使用すると二重に血圧降下剤を服用してしまうことになりとても危険です。低血圧症の方も、ミノキシジルタブレットにより血圧を更に下げてしまうことになるので危険なのです。

また、他の疾患などで定期的に薬を服用している方は必ず医師に相談してから服用するようにして下さい。

②必ず一度の使用量を守る

理想のミノキシジルタブレットの使用量は1日1回2.5mg、または1日1回5mg。最大でも5mgを1日2回(計10mg)にして下さい。1日1回2.5mgでも十分に効果があるので、早く生やしたいからと言って大量に摂取することは絶対にしてはいけません。摂取量を少なくすることで副作用のリスクも少なくなるので、飲み過ぎには注意して下さい。

③お酒と一緒に服用しない

アルコールには血管を拡張して血圧を下げる作用があります。血圧が下がった状態でミノキシジルタブレットを使用すると更に血圧を下げることになるため危険なので、お酒とミノタブを同時に服用することは絶対にしてはいけません。

④未成年は使用してはいけない

ミノキシジルには未成年の臨床試験データがありません。そのため未成年はミノキシジルを使用することはできません。ミノキシジル配合で有名な発毛剤「リアップ」も未成年の使用が禁じられています。

⑤妊娠中の方や授乳中の方は使用してはいけない

妊娠中の方がミノキシジルを服用すると、胎児に悪影響が出るようです。人間での実験はされていませんが、動物実験では胎児への悪影響が確認されているようです。

また、ミノキシジルの成分は母乳に混ざってしまう可能性があるので、授乳中の方も使用は控えて下さい。

⑥女性の多毛症

ミノキシジルの副作用により多毛症になってしまう可能性があります。特に女性は体毛に敏感な方が多いかと思うので、十分にリスクを理解してから使用するようにして下さい。多毛症になって後悔するぐらいなら、ミノキシジルの使用を控えた方がいいでしょう。

 

ミノキシジルの副作用を十分に理解してから使用して下さい

>>ミノキシジルタブレットの購入はこちらから<<

ページトップへ戻る